株式会社GLOBALTAKE(グローバルテイク) > 株式会社GLOBAL TAKEのスタッフブログ記事一覧 > 世田谷区の出産・子育てサポート・支援制度を知ろう

世田谷区の出産・子育てサポート・支援制度を知ろう

≪ 前へ|世田谷区のおすすめ子育て支援制度   記事一覧   大田区の子育て支援制度|次へ ≫

二子玉川や三軒茶屋などがある世田谷区は、住みたい街ランキングで常に上位に入る人気のエリアです。

 

住環境の良さや交通の便が良いこと、豊富な公園や緑地が整備されていることが、世田谷ブランドの理由です。

 

一方で悩ましいのが待機児童の多さです。

 

世田谷区の待機児童数は全国的にも高く、施設整備や人材育成が課題と言われています。

 

しかし子育てファミリーの世田谷区への転入は増加しています。

 

この背景には、区が出産・子育てに関わるサポートに注力していることが挙げられます。

 

そこで子どもを育てる街という視点から、世田谷区の支援制度について考えてみましょう。


世田谷区が子育てファミリーに助成するお金


世田谷区の基本的な助成内容


まず基本的な行政のサポートとして妊婦検診への助成があります。

 

14回ある妊婦検診と、超音波検査および子宮頸がん検診の各1回に、助成金が交付されます。

 

妊婦検診はママになる女性に必須のものなので、しっかりしたサポートがあると安心して受診できます。

 

子ども医療費助成は、15歳まで健康保険診療の自己負担分の支援が受けられます。

 

入院時の食事代も対象となるので、もしもの時のサポートも充実しています。

 

認可外保育施設補助は毎月最大4.5万円の助成が受けられます。

 

さらに、私立幼稚園補助として入園料補助金が最大9万円、保育料補助が最大月額38,867円支払われます。


世田谷区のオリジナル制度


世田谷区には独自の子育て支援制度がたくさんあります。

 

その一例を挙げると次のようなものがあります。

 

・産前・産後サービスが利用できる「せたがや子育て利用券」の配布(額面1万円)

 

・第3子以降の出産費用助成

 

・子育て支援ヘルパーの派遣が受けられる「さんさんサポート」

 

・児童養護施設で短期間(7日以内)子どもを預けることができる「ショートステイ」

 

・最長午後10時まで子どもを預かる「トワイライトステイ」

 

制度の詳細や他の支援は、区のホームページでチェックしてください。

 

なおママだけでなく、パパをターゲットとしたサポートも行われています。

 

児童館や子育てステーションでパパ向けのイベントが開催されており、パパ同士が情報の交換をする姿も見られます。

 

子育てイベントに参加しづらいと感じるパパでも、気軽に足を運べる内容になっています。


まとめ


保育園の待機児童数が都内でも上位に入るほどの世田谷区ですが、それでも子育て世代に人気のまちです。

 

これは世田谷区によって手厚い支援が行われているためです。

 

もともと生活環境や都心へのアクセスがよいので、働きながら子どもを育てるママ・パパに選ばれているといえます。

 

これから世田谷区でマイホームを購入する方は、ぜひ行政の支援制度をチェックしてみてください。

 

そんな子育て支援がしっかりしている世田谷区や、東京23区の不動産情報をお探しなら、私たちGLOBAL TAKEまでご相談ください
≪ 前へ|世田谷区のおすすめ子育て支援制度   記事一覧   大田区の子育て支援制度|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る