株式会社GLOBALTAKE(グローバルテイク) > 株式会社GLOBAL TAKEのスタッフブログ記事一覧 > 葛飾区のおすすめ子育て支援 ゆりかご葛飾とマタニティパスをご存知ですか?

葛飾区のおすすめ子育て支援 ゆりかご葛飾とマタニティパスをご存知ですか?

≪ 前へ|共働きにはとても助かる荒川区の充実した子育て環境   記事一覧   目黒区でおすすめの子育て支援を紹介します!|次へ ≫

 

東京都葛飾区は、亀有や柴又に代表される下町エリアです。

 

都内でも有数の水郷がある水元公園など、自然に触れ合える場所も多く子育てにぴったりの環境です。

 

そんな葛飾区が実施している、子育て支援制度を紹介します。


葛飾区の子育て支援

 

葛飾区のおすすめ子育て支援① ゆりかご葛飾


葛飾区ではすべての妊婦を対象に、子育て支援の一環で「ゆりかご葛飾」を実施しています。

 

妊娠届を提出する際、保健師・助産師と面接し、妊娠中から産後、育児に関する相談が可能です。

 

ひとりひとりの不安や困り事に応じ、「葛飾区ゆりかごプラン」も作成しています。

 

区内で利用できる様々なサービスが案内されるので、ぜひ活用したいプランです。

 

・子育て応援券が貰える!

 

平成304月以降に母子手帳が交付され、ゆりかご葛飾の面接を受けると1万円相当の子育て応援券が支給されます。

 

区内指定の店舗で、子育て支援に関連した商品・サービスの支払いに子育て応援券を利用できます。

 

子ども乗せ自転車の購入や、ママの産後ケアまで幅広く対象となっている便利な商品券です。

 

葛飾区のおすすめ子育て支援② マタニティパス


葛飾区では母子健康手帳が交付されてから1年以内の方を対象に、マタニティパスを配布しています。

 

マタニティパスは5,500円分がチャージしてある交通系ICカードで、移動が不便な妊婦の外出支援の一環です。

 

妊娠中は自転車・自動車の運転に危険が伴いますから、公共交通機関の利用が増えます。

 

そんなときマタニティパスがあれば、妊婦検診などに出かける際に活用できますよ。

 

葛飾区おすすめの子育て支援の利用方法


ゆりかご葛飾、マタニティパスともに市役所(育成課)、保健センター、区内7ヶ所の基幹型児童館にて実施および交付しています。

 

ただし施設ごとに受付時間帯が異なるため、事前に電話での問い合わせがおすすめです。

 

申請には母子手帳と、葛飾区在住であることが分かるもの(免許証、マイナンバーカードなどの身分証)が必要です。

 

なおいずれの施設でも、児童指導員や保健師などの専門職員がいます。

 

妊娠・子育てに関する相談は随時受け付けていますので、最寄りの施設を知っておくといざというときにも安心です。

 

そして基幹型児童館(児童会館、小菅・南新宿・渋江・白鳥・新水元・細田)には、専用の相談ダイヤルが設置されています。

 

日曜の開館日もありますから、外出が困難な方、平日の来館が難しい方でも利用しやすいでしょう。

 

まとめ


葛飾区におけるおすすめの子育て支援制度を2つ紹介しました。

 

この他にもパパママ学級など、安心して子育てを始めるためのサポートが充実しています。

 

子育て支援が整った葛飾区で、子育てを始めてみてはいかがでしょうか。

 

嬉しい子育て支援が充実している葛飾区の不動産物件探しは、GLOBAL TAKEまでぜひお問い合わせください

≪ 前へ|共働きにはとても助かる荒川区の充実した子育て環境   記事一覧   目黒区でおすすめの子育て支援を紹介します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る