株式会社GLOBALTAKE(グローバルテイク) > 株式会社GLOBAL TAKEのスタッフブログ記事一覧 > 戸建てVSマンション?費用や住み心地を比較

戸建てVSマンション?費用や住み心地を比較

≪ 前へ|渋谷区が力を入れている保育園の待機児童対策を紹介します   記事一覧   「賃貸VS売買」どちらのメリットが多い?比較ポイントを解説|次へ ≫

マイホームを検討したときに、戸建てが良いか、それともマンションが良いのかは悩みどころですね。

 

そこで、今回は戸建てとマンションについて、主に費用面と住み心地について比較してみました。

 

戸建てとマンションの比較①費用面について


 戸建てとマンションの比較


初期費用としては、土地代が安く済む分、マンションのほうが低めという印象ですが、住む地域などによっては逆の場合もあります。

 

一般的に、戸建ては郊外や住宅地に建てられますが、マンションは駅近くに建てられるため、その立地条件から必然的に割高となるためです。

 

眺望の良いタワーマンションになるとさらに価格は上がり、いわゆる億ションとよばれるものも存在します。

 

一方で、郊外のマンションであれば価格はそこまで高くありません。

 

また、購入後に必要となる固定資産税については、立地にもよりますが一般的にはマンションの方が高くなります。

 

これは、購入価格についての土地と建物の比率に関係します。

 

土地の固定資産税は、住宅が建っていることで軽減税率が適用され、評価額の6分の1の価格が課税標準となります。

 

しかし、マンションの場合、敷地面積を戸数で割ったものが土地の所有区分となるため、土地よりも建物の価格のほうが、購入価格に占める割合が高いのです。

 

つまり、課税対象となる土地の割合が高い一戸建てのほうが、固定資産税は安く済むということです。

 

また、マンションに関しては、管理費や修繕費を払い続ける必要があります。

 

場合によっては大規模修繕が必要となり、別途の修繕金を負担しなければいけない場合もあります。

 

総じて、購入後の費用が割高なのがマンションといえるでしょう。

 

戸建てとマンションの比較②住み心地について


住み心地は、何を重視するかによりますが、戸建てとマンション、それぞれのメリットを挙げていきます。

 

マンションのメリットは、駅に比較的近いこと、オートロックをはじめとする厳重なセキュリティ、眺望の良さ、宅配ボックスやディスポーザー(生ごみ粉砕機)などの設備が挙げられます。

 

ゴミの集積などの管理や、共用部分の修繕など、マンションによっては24時間体制でサポートをしてくれる管理体制も人気です。

 

一方、戸建てのメリットは、住戸の広さ、敷地内にある駐車場、個々のプライバシーに配慮した間取り、庭の存在などが挙げられます。

 

一戸建ては階層の分だけ、マンションよりも床面積が広くなり、リビングがある1階と個々の部屋がある2階など、プライバシーを分けやすいのが特徴です。

 

駐車場に関しては、マンションの場合は機械式で車を呼び出すまで時間がかかったり、マンションから離れた場所に設置されていたりするため、車の利用頻度が多い方にとっては、一戸建てが好まれるようです。

 

まとめ


戸建てとマンションについては、費用面では初期費用と維持費それぞれで計算すべきであり、住み心地はそれぞれに利点があるため好みが分かれるところです。

 

家族の意見を聞きながら、何を重視するかによって、どちらを購入すべきか十分に検討すべきでしょう。

 

不動産の購入を検討されている方がいましたら、株式会社GLOBAL TAKEまでお気軽に相談さい

≪ 前へ|渋谷区が力を入れている保育園の待機児童対策を紹介します   記事一覧   「賃貸VS売買」どちらのメリットが多い?比較ポイントを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る