株式会社GLOBALTAKE(グローバルテイク) > 株式会社GLOBAL TAKEのスタッフブログ記事一覧 > 住宅購入時のキャッシュフロー表作成はFPに相談しよう!

住宅購入時のキャッシュフロー表作成はFPに相談しよう!

≪ 前へ|「路線価」と「実勢価格」の違いとは?意味や計算方法も併せてご紹介!   記事一覧   建物の免震・制震・耐震の違いとは?メリット・デメリットも!|次へ ≫

住宅購入を計画的に行うには、キャッシュフロー表を作成して資金計画をやり繰りする必要があります。

 

しかし、個人で表を作るのは難しいため、FPなどの専門家に相談するとより良いものを作成することができます。

 

そこで、この記事では、計画的に住宅購入をするのに役立つキャッシュフロー表についてご紹介させていただきます。

 

キャッシュフロー表とは?住宅購入時はFPに相談しよう!


キャッシュフロー表

 

キャッシュフローとは、家族の将来のライフイベントと、家計の現在の収支を見比べながら、将来の収支と貯蓄についてまとめた表のことです。

 

住宅購入時は、長期のローンを組むことが一般的なので、

 

・将来ローンを払い続けられるか。

・どのタイプのローンを組むのが適しているのか。

 

などを算出するのに大事な表となります。

 

これは、各家庭によって内容が異なるため、FPに相談をしながら作成していくことがおすすめです。

 

たとえば、夫婦2人世帯と子どもがいる世帯では、将来使う予定のお金が異なります。

 

キャッシュフローは、あくまでも予測レベルではあるものの、実際の収入・支出に近い数値による表を作成することで、将来にわたる無理のない資金計画を立てるのに有効です。

 

住宅購入時のキャッシュフロー表作成をFPに相談するメリットについて

 

住宅購入時にキャッシュフロー表を作る際は、FPに相談をしてみましょう!

 

以下では、FPに相談するメリットについてご紹介をさせていただきます。

 

まず、より正確な表が出来上がることです。

 

キャッシュフロー表を作るには専門知識が必要なため、資金計画について専門的に学んだ方でないと、作成は難しいと言われています。

 

パソコンのサイトや本を参考に作成するのも、内容が頭に入ってこないと手間がかかってしまいますよね。

 

その点、FPに相談すると、家計の収支状況や家族の人数、将来希望するライフイベントから必要な金額を算出してもらえるため、より無理のない資金計画を導き出せるのです。

 

実際にFPに相談した方の意見で「自分たちで表を作るよりもスムーズで助かった」というものがあります。

 

他にもFPに相談するメリットについては、家族の保険の相談に乗ってもらえることが挙げられます。

 

FPは、住宅購入時の資金計画だけに留まらず、長期的に家族の収支計画を支えてくれる存在になります。

 

ご家族の医療保険や学資保険など、その時々によって必要な保険をアドバイスしてもらえると、生活により役立つことでしょう。

 

FPは家族の一生のライフプランナーとなるので、ぜひ住宅購入時に相談してください。

 

まとめ

 

住宅購入を考える際には、キャッシュフロー表を作成してより良い購入のタイミングを見極める必要があります。

 

その時は、信頼のおけるFPと共に将来のライフプランを踏まえてお話してみてください!


不動産の購入を検討している方がいましたら、私たち株式会社GLOBAL TAKEまでお気軽にお問い合わせください!

≪ 前へ|「路線価」と「実勢価格」の違いとは?意味や計算方法も併せてご紹介!   記事一覧   建物の免震・制震・耐震の違いとは?メリット・デメリットも!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る