株式会社GLOBALTAKE(グローバルテイク) > 株式会社GLOBAL TAKEのスタッフブログ記事一覧 > 東京23区で子育てファミリーが住みやすい街!おすすめの駅とは?

東京23区で子育てファミリーが住みやすい街!おすすめの駅とは?

≪ 前へ|一戸建てを購入するなら旧耐震基準と新耐震基準の違いを把握しよう   記事一覧    Simple modern 早稲田|次へ ≫

東京23区内にマイホームを購入しようと検討している方にとって、どの街がファミリー層向けなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、東京23区で子育てファミリーが住みやすい街として、3つの区と3つの駅をご紹介します。

 

ファミリー



東京23区でファミリーが住みやすいおすすめの区~江戸川区・文京区・世田谷区


 

まずは、おすすめの区3選として、江戸川区と文京区、世田谷区をご紹介します。

 

江戸川区は23区なかでも子どもが多く、独自の子育て制度が充実している他、公園面積が23区内で1位であり、子育て環境が整っているといえます。

 

子育て制度の一例を挙げると、ゼロ歳児養育手当、第3子以降の出産費の一部助成、放課後預かり「すくすくスクール」などがあり、3~5歳の待機児童数ゼロを達成しています。

 

続いての文京区は、都内に6つしかない国立小学校のうち、3校が文京区にあることからも、その名のとおり、教育の街として有名です。

 

過去には、文京区長が率先して育児休暇を取得するなど、子育てしやすく住みやすい街づくりに力を入れていますが、他にも子育て世代や高齢者に向けての「地蔵の横町便」という独自のお買い物宅配サービスなど、長く快適に住んでもらう街づくりが進んでいます。

 

最後に世田谷区ですが、世田谷区の特徴は治安の良さであり、成城学園や田園調布などの高級住宅街が多くあることからもわかるように、都心へのアクセスも良好なため、住みやすくおすすめの区です。

 

また、日本初の「産後ケアセンター」を設置し、赤ちゃんの授乳や沐浴の練習や、母親のカウンセリングなどを24時間体制でサポートしているのも特徴です。

 

東京23区でファミリーが住みやすいおすすめの駅~王子駅・西新井駅・春日駅



続いて、交通アクセスを含め、住みやすいおすすめの駅を3つ挙げます。

 

1つ目は、王子駅(北区)で、JRだけではなくその他2路線が使えるため、どこへ行くにも不便はありません。

 

また、自然環境に恵まれているほか、総合病院が2ヶ所あるために、夜間休日などの診療体制が整っていることも、おすすめの理由です。

 

2つ目は、西新井駅(足立区)で、再開発で大型ショッピングモールなどが建設されたため、非常に便利な町となりました。

 

入園決定率も上向いており、保育園や幼稚園の8割以上は園庭がある(東京23区で1位)ため、子どもが太陽の光を浴びながら、すくすく育つことができる環境です。

 

最後は、春日駅(文京区)で、山手線内にありながらも落ち着いた街並で治安も良く(東京23区内最少)、住みやすい街です。

 

春日・後楽園エリアでは再開発が進められているため、ファミリー向けの商業施設や住居なども設置が進むということです。

 

まとめ


今回は、東京23区で住みやすいおすすめの街と駅をご紹介しましたが、引っ越しの前に十分な下調べをしておくのがポイントです。

 

育児がしやすく、子どもが伸び伸びと育てる環境は、きっとあなたの家族全員の人生を豊かなものとするに違いありません。


不動産の購入を検討されている方がいましたら、株式会社GLOBAL TAKEまでお気軽にご相談ください。

≪ 前へ|一戸建てを購入するなら旧耐震基準と新耐震基準の違いを把握しよう   記事一覧    Simple modern 早稲田|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る